Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ソムタイムス

たまにはゆっくりしよう

堺小春の画像がかわいい!なんで栗原やったん?転校生って?

time 2018/10/02

堺小春の画像がかわいい!なんで栗原やったん?転校生って?

堺正章の次女で女優堺小春さんが金魚鉢の中の少女という舞台で主演をすることが決まった。

正直な話、堺正章さんに娘がいるなんて全く知らんかったから、どういう方なのか気になってしまった。

そこで今回は堺小春さんの「栗原」の理由と転校生についてみていく。

スポンサーリンク



 

プロフィール

本名:岡田小春
旧芸名:栗原小春
1994年3月10日(24歳)
出身:東京都
アルファーエージェンシー所属

なんで栗原やったのか?

歌手、バラエティの司会などマルチに活躍する堺正章にまさか娘がいたとは…

YAHOOニュースで見てはじめていろんな意味で愕然とした。

ずっと子供はいないと思ってたもんで…

 

さて、さきになぜ栗原だったのかを答えておくと堺正章さんの本名が「栗原」だから。

堺小春さんは昔の芸能活動では、この栗原姓をそのまま使っていた。

ではなぜ、堺になったかというと、本人曰く

「堺の名を自分も継ぎたい」といったからなのだそう。

立派な心意気で(笑)

 

スポンサーリンク



堺小春の家族は?

堺正章さんが父、ということは母もいるってこと。

いや、正確には「いた」

その元お嫁さんは岡田美里さんという方。


若い僕には残念ながら、全くなじみがございません(泣)

元は雑誌「POPEYE」でモデル現在は輸入関係の会社社長。

タレント、エッセイストとしても活動していたことがある。

主に、主婦のかたに人気がある。

1989年に2人が結婚して翌年に長女・菊乃さんが誕生。

1994年に次女・小春さんが誕生した。

しかし2001年に離婚。

菊乃さんと小春さんは岡田さんに引き取られた。

 

その姉だが、昔芸能活動をしていて、現在はモデルやデザイナーとして活動する栗原菊乃さん。

自身のブランドである「PURPLE THINGS」を立ち上げた。

人気雑誌『NYLON JAPAN』のブロガーとして活動していたことも。

(同じブログを書いているものとしてはうらやましくもある)

堺小春さんとは、仲がよく、よくドライブなどにも出かけているそう。

女子会ならぬ「女子ドライブ会」はどんなときに行くのか想像が膨らむ。

海などいくのだろうか?

ちなみに、堺小春さん同様アニーに出演歴もある。

アニーには不思議な縁があるんかもなー・

転校生?

転校生を語る前に、それに出演するまでの家庭について述べておきたい。

先述のように、堺小春さんは、2004年にミュージカル「アニー」でデビューした。

でも、学業をがんばるために07年を最後にいったん芸能活動を休止していた。

 

大学に進み、建築学を学んだ堺小春さんの卒業論文のテーマは「舞台建築」

もともと、芸能活動をしていた自身にとっては、願ったりかなったりの内容だったはず。

実際、舞台建築のインターンシップも経験したことがあるそうだから、すごく充実した1年間だったと思うで!

ちなみに、ニューヨークへミュージカルを観に行くほど舞台おたく。

そこでも、卒論に書ける内容が見つかったよね、きっと。

そして気づけば、同級生が就活を続々と開始していた。

そこで改めて自分と向き合った時に

「自分は芝居が好きだ」と悟ったそう。

そこから舞台『転校生』のキャストに選ばれた。

これが堺小春さんの復帰の舞台となることとなる。

 

この舞台は主演にももいろクローバーZを起用。

平田オリザさんの小説『幕が上がる』を元にしたものとなっている。

内容としては↓

1994年に初演された『転校生』は、
「朝起きたら、この学校の生徒になっていた」という
転校生がやってきた高校の教室を舞台に、
転校生を受け入れながら他愛のない会話をする女子高生たちの姿を通して、
日常と社会への好奇心や大人への不信感、将来への不安などが浮かび上がる群像劇

出典:若手女優21人が女子高生に、本広克行×平田オリザ舞台『転校生』

会話はたわいもないことかもしれないけど、結構現実的なテーマを扱ってるわ!

なんか今の日本の縮図みたい(笑)

 

ちなみに、応募者1474名いて、その中で出演者21名中の1人に残ったそうだ。

2世の芸能人を見て、いつも僕が思ってしまう「悪いくせ」がある。

それが、「親の七光り」だったんじゃないかってこと。

でも、審査は公平なはず!

なので、それを勝ち取ったことはすなわち堺小春さんの実力だってことを意味してる!

昨年には映画『心が叫びたがってるんだ。』にも出演していた堺小春さん。

全く気がつかなかったんだが?

 

終わりに

今回は堺小春三についてみてきた。

・今後大注目の堺2世!?

母の岡田美里さんは、舞台関係の裏方に就職するとずっと思っていたらしい。

安心して!僕もそうやったから!

これから彼女の動向に注目ですな。

スポンサーリンク



down

コメントする




検索

ソムタイムスにてついてちらりと…

ただいま、食品会社の経理職として絶賛勤務中!

芸能とかドラマの記事多めかなーって感じ。

ごゆっくりどうぞ。

 

分類