Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ソムタイムス

たまにはゆっくりしよう

将来の夢が決まらない大学生1年がするべきこととしなくていいことを考える

time 2018/11/06

将来の夢だと!?

こんなワードが出てきているということは、将来に対していろいろ思うことがあるのか…
では、何をするべきなのか、大学1年生向けに書いていくことにする。

やるべきこと

では、まずやるべきことをまとめていこう!

ブログ

今見てもらっているこれもブログの一つ。

(言わずもがなだが)記事を書いて、広告を貼り収益を上げていく方法。
種類としてはクリックして報酬が発生するものと、商品紹介して買ってもらったうちの何%が
入ってくる方法とが主にある。
その詳細はここでは省くが、とかく、収入源のひとつとして、非常に有益。

ちなみに、某ブロガーが
「そろそろブログはオワコンかも」という記事を書いているのを見た。
あえて反論するけど、そんなこと心配する必要はなし。
「大丈夫かなー」とか考えてる間にやっておくべき。

ブログを始めるのも、継続するのも月数千円の「投資」でいいわけなので…今の時代、「ローリスク、ハイリターン」なものってあんまないやん?

会社員の副業として候補に上げられているくらいなので
まして、

「大学生の君がやらんくてどうすんねん!?」

と言いたい。

youtube(TikTokでもよし)

もし、文章を書くのではなく動画で発信したいという場合はこちらでもOK。
(僕はしていない)

youtuberはさすがに知っていると思う。なんせ職業になったり、小学生のなりたいランキングにも登場しているくらいやからね。

ただし、動画を配信するといっても、その場は別にyoutubeでなくてもよい。TikTokでもShowroomでも、自分がいいと思ったものを選べばいい。

「ブルーオーシャン戦略」というのをヒントにすると、どこで展開すべきかは
おのずと見えてくるはず…

パソコンのスキル

もちろん、PCスキルといえばWord,Excel,PowerPointはあるで?でも、今のトレンドはやっぱりもう少し踏み込んでいく必要がある。

それが、プログラミングやwebデザインの勉強!
(スマホの時代だから、アプリ開発の知識とかもあればいい
何かのきっかけで開発までしたら、それはもう逆オファーがくるであろう)

僕が最近読んだ本の中に「転職の思考法」という本がある。
就職もしていないのに転職ってなんやねん!?って突っ込みは
「ちょっと待て」

別に転職について語りたいわけじゃない。

その本の中には「将来伸びていく業界に身をおくべき」という考え方が書いてある。
その伸びていく業界のひとつが…そうIT業界。

だから、その伸びていく産業に対して必要なことを学んだらいい。
世のトレンドはもはやIT!(だと確信する僕)

英語(講義 留学生と交流 海外へ旅行する)

日本が先細りしているというのももちろんあるけど、英語は勉強しておきたいところ。
別に勉強して全く損はない。
むしろ、これから外国人観光客の増加が見込まれていくことを考えると
ビジネスのチャンスにもなりうる。

英語を学ぶ上で、大学にアドバンテージがあると思うのが

「留学生と交流できる」ところ。日本語ペラペラはまあいないだろうから、いい勉強になるだろう。

僕が行ってた大学は自分が3年生のころ国際交流センターなるものが出来た。せっかく大学が学びの場を与えてくれたにも関わらず行かなかったことを激しく後悔している。

「後悔するくらいなら行けよ!」
ってなるので、大学生の君にはぜひチャレンジしてもらいたい。

読書(図書館あるじゃん!!)

「一冊およそ1500円前後で、自分の知見が広がる」
っていうフレーズが20冊に3冊くらいの割合で出てくる。(僕の感覚)

やっぱり読書は大事だ、と。
これも僕は自分の学部の勉強だけしていなかったのでこれもやってくだされ。

僕が過去に読んだ本の著者の中には、大学時代に本に1000万円使った結果
コンサルの会社作ってバリバリやってる人もいる。

無理にそこまでする必要はないけれど…
まあ、読みましょう!(笑)

やらなくていいこと

次は逆にやらなくていいことをピックアップした。

就活を普通にやる

この普通に、というのは大手企業に入りたい、とかそういう意味。
大手は悪いですよ、と言っているわけではない。

ただ、結局は(基本的に)月曜から金曜まで8時間から10時間拘束される。
時間的な自由という意味では、ほぼない。

有名な本で「金持ち父さん、貧乏父さん」という本がある。
その「教え」の中で
「自分のビジネスを持つ」というのがある。
これをすれば、時間的余裕がうまれてくることになる。

大学生の間にこれをしておけば、仮に企業に就職しても何ら困らない。
なぜなら、企業の給料に依存することがなくなるからね。

大学の勉強を頑張りすぎる

僕は別に大学の講義を「サボれ」といっているわけではない。
ただ、ひたすら大学の勉強をするだけなのがダメだといいたいだけ。
単位をとったり、自分の興味をもつことを勉強したり。
それは大いにやってもらっていい。

ただ、さっきもいったように、もし君が将来時間的余裕を持とうと思えば
「ビジネスをもた」なければならない。

あまりに大学の勉強に熱中していると、これを作る機会が減る。
やりすぎず、やらなさすぎず!

バイト頑張りすぎる

ブログの記事を更新して増やしていくと、(正しいやり方なら)
収益が増えていくはず。

それは、寝ている間にも発生する。
(夜中でもネットを見ている人はいるから)

なので、あっという間にバイトの時給なんか超えるかな、と。
僕はしてないけど、もう時給換算をするだけのバイトはやめませんか、と。
(ブラックバイトも問題になっているわけだし)

終わりに

今回は将来の夢が決まらない時に関して書いてきた
・今までの常識は捨てろ!

どうやったらお金が増えていくかを考えよう!
みんなと同じことをやってたらあかんで?

down

コメントする




検索

ソムタイムスにてついてちらりと…

ただいま、食品会社の経理職として絶賛勤務中!

芸能とかドラマの記事多めかなーって感じ。

ごゆっくりどうぞ。

 

分類