Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ソムタイムス

たまにはゆっくりしよう

人間と同じように犬にもエアコンは必要だ。

むしろ、熱中症になりやすいのは、温度調節が
苦手な犬のほうだとも言われる。

 

しかし、エアコンを使用するときに出てくるのが電気代の問題。

設定は人と同じで大丈夫なのか?

また、停電したときに犬に何をしてあげれらるのだろうか?

 

犬にも必要だが…

結局のところ、犬に対しても暑さ対策は必要だ。

犬は人間よりも暑さに弱いと言われている。

犬という生き物は、気温が22℃でかつ湿度が60%以上になると
熱中症にかかりやすい、と犬の場合は言われる。

湿度はともかく、気温は熱中症になるにはそこまで高いとは思えないのだが…

それだけ注意が必要、ということ。

その理由をいくつか挙げていこう。

 

体毛

また、犬の毛は、人間にたとえるとダウンジャケットを来ている
ようなものらしい。

寒ーい冬ならともかく、真夏にその恰好は想像したくないし、そりゃ暑いわ

って話になる。

 

犬には人間のように汗を出すための汗腺がたくさんあるわけではない。

つまり人間のように汗をかいて、体温をコントロールすることはほとんどできない。

 

あるのは、足の肉球にあるエクリン線という部分だけ。

人間が、すぐに「あっつー」といって暑さを感じれるのとは対照的だ。

 

犬が一番体温を低下させられるのはパンティングというので、

ハアハアして舌を出しているときだ。

自分の唾液を蒸発させて、その際の気化熱で体温を下げている。

ただし、それにも筋肉を使わなければいけない。

筋肉を使うことは熱が出る、すなわち体温が上昇してしまう。

ので、体が再び熱くなってしまう。

 

ここで挙げたように、犬に対しては人間よりも暑さに気を使わなければ
ならないことが少しお分かりいただけただろうか?

 

ただ、エアコンは夏でもすべての地域に住んでいる犬に対して
必要で、暑さ対策も必要なのか、というとそうでもない。

エアコンの必要性は地域・犬種の状況により異なってくる。

 

実は犬の中にも暑さに強い犬とそうでない犬の種類がある。

弱い犬⇒セントバーナード、バグ、シーズー、ペキニーズなど
強い犬⇒ダルメシアン、ドーベルマン、柴犬、ボーダーコリーなど

 

とわかれる。弱い犬は鼻が短い犬種が主に多い。

 

場所という観点で言うと、田舎のほうにあって、風が通る涼しい場所
ならエアコンはつけなくても大丈夫、というところもある。

 

窓を開けて、部屋の中に空気を通せば、それだけでごろんとしてくれること
もありそうだ。

 

人でも熱中症にかかるので、それより暑がりな犬には

基本的にいると考えたほうがいい。

 

エアコンをつけなくてもいい地域はほとんどない

と個人的には考えている。

 

スポンサーリンク

設定温度など

 

では、エアコンをつける際に、温度などはどうしたらいいのか?

一般的に、犬にとって最適な設定は25-26℃くらいだと言われている。

 

はっきりとした理由は書いていなかった。

いろいろな情報を見てみて僕なりに答えを出した結果

 

  • 人間より暑さを感じやすい犬のエアコン設定は、人のそれよりも1℃から2℃くらい下なのが好ましい
  • 人が使うときのエアコンの推奨設定温度が28℃

 

という点から、そうではないかと思った。僕自身は25℃設定は寒く感じる。

 

一方、犬を飼っているお宅のエアコンの状況を見てみたところ、28℃
設定でかつ、長時間運転している、というのが多かった。

 

僕もこの28℃設定がいいと思う。冷房で環境がよくなりすぎて

余計に飼い犬が体温調節できなくなるのはだめだと考えているからだ。

エアコンのせいで犬が体調不良…なんてなったら本末転倒やな、というのもある。

 

ただ、その方たちは、単にエアコンだけを使っているわけでない。

エアコンと、扇風機やサーキュレーターと併用しているのだ。

 

あなたもご存じの通り、冷たい空気は下にたまる。

なので、これらを使って空気をうまく循環させて、部屋全体を涼しくする。

 

そうすることで、人間・犬両方に快適な環境をつくろう、というわけだ。

 

エアコンをガンガンにかけるよりも、併用のほうが圧倒的に電気代は安くなるし、

実際我が家もこうしている

過去にお腹壊したこと…あるんよねー((+_+))

 

 

ここまでは気温がぐんぐんあがる日中の話をしたが、はどうだろう?

その日や家の状況によって違うが、暑さがましで、風通しよければつけなくてもOKだろう。

ただし、窓を開けて、風通しをよくすることはポイントだ。

 

ただ、熱帯夜になると、あなたも非常に暑いだろうし、寝苦しく感じると思う。

なので、犬がもし同じように暑がるそぶりを見たりしんどそうなときは、つけてあげるのがいい。

 

個人的に暑さにはまあまあ強いほうなので夜は扇風機のみを使って寝る。

 

ちなみに犬にも扇風機を当てて涼しくしてやろう…

とすると、犬は嫌がる場合があるんだと(笑)

 

スポンサーリンク

電気代

 

夏のエアコンでいつも、気になるのはエアコンの電気代。

夏にはねあがる、この電気代に関して犬のために、といろいろな人が実験を
しているそうなので尋ねてみた。

 

その実験とは「24hエアコンつけっぱなし祭り(?)」だ。期間は一カ月。

 

まあ、要するに、犬のためにずっとエアコンつけといてあげようね、という試みで

巷では、実にいろんな報告がなされている。

 

請求書が来ておそるおそる、金額を見たら…

なんと請求が

「20,000円を超えてるやん!」だったり

「つけっぱなしでも4000円程度ですんでる!マジか!?」

というように、結果は結構まちまちだ。

 

そのような報告を見ていると、意外と安く済んだという声のほうが多いので
電気代は案外気にしなくてもいいかもしれない。

ただし、料金はお使いのエアコンの新しさや 
室内機の掃除を定期的に行っているかによっても異なってくる。

一概には何とも言えないが、やはり犬の命が大事。

かかる料金よりも優先していただきたいところだ。

 

うーん、でも24hつけっぱなしにしなくても個人的にはいいと思うが…

考え方の問題だろうか…

うちだったらそれはあり得ないなー。

停電

 

もちろん、停電が頻繁に起こるわけではない。

しかし、異常気象などによって豪雨が発生したりすると
停電が起こることは予想できる。

 

そして停電が起こると、当然エアコンや扇風機どころか家電類は全部使えなくなるわけで…

では、このときに困らないようにどうすればいいか?

 

対策としては

  • 部屋にペット用の扉設置をして何かあってもすぐに移れるようにする。
    (あちこち動けると、自分で涼しいところに歩いていく)

 

  • ひんやりしたシートを犬の寝床にしく

 

  • 大きいペットボトルに入れた水を凍らせタオルを巻く

 

  • 水分補給をしっかりできるようにする。氷を入れると効果的

 

が主に挙げられている。

 

これだけしていれば完璧、とは言えないが上記のことをしておくだけでも

だいぶ違うはずだ。

ぜひ、頭の片隅に入れておいてほしい。

 

 

快適に

ということで、今回は犬のエアコンの必要性と設定、停電対策を見てきた。

犬が熱中症になると、てんやわんやになってしまうので

今年の夏も、犬の体調に気を付けつつ寒すぎて風邪を引いたり
しないように注意していこう。

 

スポンサーリンク

 

関連記事

エアコンの寿命は何年?故障と思う前に見るべき3か所

エアコンのリモコン、なくしてもうた!代用案を3つ示そう

エアコンは猫に必要か?暑さ対策には何をする?

down

コメントする




検索

ソムタイムスにてついてちらりと…

ただいま、食品会社の経理職として絶賛勤務中!

芸能とかドラマの記事多めかなーって感じ。

ごゆっくりどうぞ。

 

分類